男性更年期の個人差の理由 テストステロンの減少は個人差があり誰でもかならず40代でこのようになるわけではありません 50代や60代でなる人もいれば70代になってもがっしりした体型を保っている人もいます テストステロンは精子を作り精力や性欲、性衝動や体の性的特徴から性格にまで影響してきます 若いときはテストステロンが活発に分泌されていた人ほど筋骨たくましくスポーツマンタイプの人で 男らしさの部分に強く作用していたテストステロンが急に減少した結果が女性化です 逆に若いときからほっそりと色白ひげや体毛の薄いタイプの男性は 元々テストステロンの分泌量が少ないため年齢により減少しても大きな変化は見られないことが多くあります また男性ホルモンの減少が大きい人は性格にも特徴があります 責任感が強く家族や仲間に尽くすタイプで正義感が強く几帳面で計画的で律儀なタイプです 更年期は生殖期と生殖困難期の間の移行期間でテストステロンの減少する期間です その減少が緩やかな場合は体も徐々に慣れ体の変化もそれほど感じません ところが急激な環境の変化などでストレスを受けたときに急激にテストステロンの分泌が少なくなり 自律神経や泌尿器など様々な症状が現れてきます これらはテストステロンの急激な減少による変化になります 通販でサジージュースを購入してホルモンバランスを整えよう