原因不明の症状が持続して不安神経パニック症候群が出現する急激なストレスでパニックが生じることはありますがわずかなストレスでもパニックになることが ありますさまざまな症状の原因がわからない状態が持続すると漠然とした不安に襲われますそうなると満員電車で息苦しさを覚えたり些細な仕事のミスでも心臓 が飛び出るような動悸を感じたり狭心症のような痛みをおぼえたり連休が長くなると病院が休みになると考えただけで救急車にのって緊急外来へ訪れるひともい ますその原因は性ホルモンの急激な低下が視床下部を揺さぶり自律神経が交感神経緊張へと促され自分の意見を言おうとするとどきどきしたり顔が赤くなったり スピーチをするときに頭の中が真っ白になるなさにその状態が数時間あるいは毎日あるとつらい状態になります子のタイプの更年期の男性は救急車で運ばれても 検査をしてもなんともなく薬の投与を受けず安定剤を投与され翌日には自宅に帰されますその結果やぶ医者に病気を見落とされるではないかと不安になることも あります個のタイプは通常の心電図の変化も調べて詳しく解析することが大事ですそして心電図でも何の以上も無い結果によりやっと安心と心のゆとりをとりも どすことが大事です